スノーボード初心者講座 Let's fly away

スノーボードをこれから始める人、スノーボード初心者の人へのスノーボード脱初心者講座

*

滑ってみよう

      2015/10/23

さて、これからが本番です。
実際に滑ってみましょう。

滑ってみよう

スノーボードはスポーツです。
全身を使って曲がったり、止まったりしないと上手くいきません。
特に荷重移動は、覚えておかないといけません。
ボードの側面(長い面)にエッジと言う金属の部分があります。ここのエッジを使って、止まったり、方向転換をします。
それでは、まず最初に止まり方。
斜面に対して、垂直に板を立てれば止まります。しかし、実際は垂直にすることは不可能なので角度をつけてエッジを雪面に押し当ててとまります。
角度をつければつけるほど、ブレーキが強くなります。
斜面に向かって正面で止まる場合は、かかとを押し付けつま先を上げる感じです。
逆に背面で止まる場合は、つま先立ちをするイメージです。
どうですか?止まれましたか?

次に、曲がり方です。

これは、私の経験上いろいろとやり方があるようです。
まず、まっすぐ滑っている状態で、曲がりたい方向に目線を向けます。次に、上半身を向けます。すると、自然に下半身は曲がりたい方向に荷重が移動するはずです。
しかし、この場合は急には曲がれません。ジワーッと曲がる感じです。
急に向きを変えたい場合は、前足に全体重をかけます。
そうすると、後ろ足は少し自由になると思います。
そのときに、後ろ足を曲がりたい方向と逆方向にもって行きます。
左に曲がりたいときは、体の軸に対して右にもって行きます。
どうですか?曲がれましたか?

コツ

曲がったり止まったりするときに、腰が高いと上手くできません。
また、ひざというクッションを上手く使わないとすぐに転んでしまいます。
私は、滑り出す時に指先で板を触ります。
そうすることで、自然としゃがむ姿勢になるので滑りやすくなります。
これは、かの有名なNBA選手のマイケル・ジョーダン氏がディフェンスをするときに、一度床にタッチするところから学びました。
床にタッチすることで、自然と低姿勢となり相手の左右の動きに俊敏に対応できるようになるそうです。
曲がるときにですが、しゃがんだ状態から、一度立ち上がります。
立ち上がる瞬間板にかかっている荷重が軽くなり板を操作しやすくなります。

初心者おススメ動画

 - TRY , , , ,