スノーボード初心者講座 Let's fly away

スノーボードをこれから始める人、スノーボード初心者の人へのスノーボード脱初心者講座

*

ブーツの選び方

      2015/11/05

スノーボードブーツの構造と機能について

スノーボードブーツの基本構造はアウターとインナーの2層でできています。アウターは直接足に接しないのですが、ダイレクトに足に接するインナーはブーツ選びで重要です。種類もいろいろあるので特性を知り、好みで選びましょう。

インナー編

レースインナー
レース(ひも)でインナーを締めます。アウターと別に締める事ができるのでフィットします。
レースレスインナー
レースインナーのレース(ひも)なしです。脱着がしやすいです。
熱成型インナー
・高温サーモインナー
専用ヒーターで温め自分の足の形に成型するインナーです。
どのインナーよりも足にフィットするのでストレスも軽減します。
・低温サーモインナー
体温で足型に成型されるインナーです。
ヒーターで温めなくても履けば履くほどフィットしていきます。

アウター編

エアポンプ
ポンプでエアーを入れてフィット感を増します。エアーの量でフィット感を調節できます。
BOAシステム
ヒモを結ばなくてもボアダイヤルを回すだけでOK
シューレースのかわりにダイヤルを回すことでワイヤーを巻き上げブーツを締めていきます。ダイヤルを回すだけで締まるので力がない人でも楽に締まります。

ブーツを選ぶPOINT

【サイズ】自分の好みを大切にしよう!
少し前までは きっちりとブーツを履く傾向があったけれど、自分の好みで選ぼう!!タイトなものが好きな人は小さめのブーツで。 ルーズなものが好きな人は大き目のブーツを。 大切なのは履いていてストレスがないこと(痛い部分がないこと)とブーツの中で動きすぎないこと(力が板に伝わらないので)
【フィット感 】お店では必ず両足試し履きして!
ブーツ選びで大切なことは フィット感!! 1日中履くものだから必ずお店では両足試し履きをして、歩いたり屈伸したりしてみよう。足を入れた瞬間に違和感を感じるものはあまりよくないです。
【フレックス】初心者は軟らかめ、中上級者は硬目を!
硬いブーツは反応はいいけれど扱いにくい。軟らかいブーツは自由に動くので扱いやすいけれど反応は悪くなります。
一般的に硬いブーツは、扱いにくいので中上級者向けで、軟らかいブーツは初心者にも扱いやすいです。
硬いブーツを履いてヒモをゆるく締めるなど裏技もあるけれど、ブーツの持つ特性を最大限に引き出せる履き方がベストですね。

続いて、ブーツ選びのポイント

 - GEAR , , , ,