スノーボード初心者講座 Let's fly away

スノーボードをこれから始める人、スノーボード初心者の人へのスノーボード脱初心者講座

*

ボードの選び方

      2015/10/23

スノーボードライフをともにする「マイボード」。 それだけに選び方には、こだわりたいですね。 ボード選びによっては、上達が早くなったりすることもあります。 逆に、上達しにくかったりします。 最初は、細かいことをたくさん覚えても分からなくなると思いますので まず、実際スノーボードショップに買いに行った時に知っておくと便利な「ボードの各部名称」と「選び方のポイント」を簡単に説明します。 店員さんと話すときに必要な基礎的な知識だけでもあると全然違いますよ。

ボードの各部名称

全長
ボードのノーズ(最前部)からテール(最後部)までの長さ。 ボードに貼られているシールに書いてあることが多く、書いてない場合もショップ作成のポップなどに示されている。
エッジ
ボードのソール(裏面。滑走部分)ついている金属部分のこと。 ボードを横にした時に、実際雪面に接する部分を「有効エッジ」と言う。
ウエスト幅
ボード中央のボード幅が最も細くなっている部分のこと。
ノーズ
ボード先端の幅広くなっている部分のこと。
テール
ノーズの反対側で、ボード後部の幅広くなっている部分のこと。
ソール
ボードの裏面、つまり滑走面のこと。表面は「デッキ」と言う。
インサートホール
ビンディングを取り付けるためのねじ穴のこと。
キャンバー
ボードの反り具合のこと。 ボードは真っ平らではなく、中央部分が少し浮くように反り返っている。
キック
ノーズとテールの反り上がっている部分のこと。 平たんでは雪面に刺さりやすいため、荒れた雪面に対応できるよう反り上がっている。

形状の見分け方

パッと見ただけでは違いはわからないと思いますが、フリースタイルボードには大きく分けて2つの形状があります。

ディレクショナルシェイプ
ボードのノーズ部分とテール部分の形状が異なるタイプ。 ノーズが長く、テールが短くなるように作られていて、進行方向に滑り易く、最初の1本には向いていると言える。
ツインシェイプ
ボードのノーズ部分とテール部分の形状がまったく同じタイプ。 トリックなどを重視した滑りに向いている。

ボードの形は、ディレクショナル、ツインのどちらでも問題はありません。 ただ強いて言うのであれば、まず「滑る」という基本をマスターすることから始まるビギナーにとっては、ディレクショナルシェイプの方が初めは滑りやすいです。

続いて、ボード選びのポイント

 - GEAR , , , ,